博士の転職体験記⑦ 〜内定受諾編 最後の決め手は「やり残し」〜

転職とお金
著者紹介:Nekoace(猫壱), PhD, MoT
電機→素材と転職をまたいで一貫して新規事業畑。 モットーは「組織で唯一無二のポジションを取り続ける」&「社内政治を科学する」。 社会人博士で培った専門性を使った技術コンサルと、新規事業プロマネが得意。学位取得をきっかけにSNSでの情報発信を開始。
【経歴】 修士(理学) ⇒ 電機メーカーにて研究職10年(在籍中に工学博士と技術経営修士をダブルスクールし取得) ⇒ 素材メーカーにて開発職(Now!!)

X

*この記事はプロモーション広告を含む場合があります

今回の記事のポイントはこちら

  • 博士の方、博士になりたい方
  • キャリアに悩んでいる技術者の方
  • 転職活動をしたいけれど何から始めたらよいか分からない方
について、博士持ち技術者が転職するまでの事例を紹介すること!
 

博士の転職体験記:いくつか貰った内定先から現職に決めた理由は?

こんにちは、Nekoaceです。 博士の転職第7段、今回は内定受諾編です。

何を判断基準にして今の職場に決めたか書いていきます。

これまで、転職活動として大企業、スタートアップと面接を、また国研も検討しました。

自分の中での軸は常に事業化出来るところに所属すること。

得意分野は博士取った材料加工の分野と産学連携も得意です。業種としては研究開発と企画の経験がありました。転職自体初めてですし色々と経験する意味合いもあってさまざまな選択肢を検討しました。

最終的には大手メーカーに決めたわけですが、なぜここに決めたのか、残しておきます。

状況整理

転職活動というものは苦悩の連続です。

自己分析に始まり、企業調査、面接、更には本業も疎かにできません。

中でも私が最も頭を悩ませたのは、大手企業から内定が出た瞬間でした。 内定は2つの大手企業から同時に出て、スタートアップの最終面接が控えていたとき。 なまじ受けている業種が全然違うので比較の軸が多岐にわたり、また家の事情も相まってかなり頭が痛い時期でした。

もう少し詳しく書くと、

大手素材メーカー量産開発で内定
・博士の専門性がドンピシャで活かせる。
・量産近いので事業家まで早そう
・博士が評価されて、年収大幅増。

大手非鉄金属メーカー経営企画で内定
・将来的な海外駐在前提
・やりたい仕事軸でドンピシャ
・MOTが評価されて年収増

Saasスタートアップ最終面接前
事業開発PMで応募。
・受かれば年収同等
・企業としては一番魅力的

国研研究員
・応募は半年後だが、根回しのため、応募意思表示が必要。
・入所は1年後。
・研究員だが産学連携担当
・倍率は2倍
・準パーマネントのため年収同等
・博士も取ったしここも専門性はドンピシャ

当時の現職(転職しない場合)
 ・昇進したばかり
・専門性は外れている研究開発職
・まったりホワイト

苦悩の日

さて、バラバラ5つの選択肢からどこを選ぶか、ということです。

スキルを活かせるという意味では、素材メーカーと国研。 やりたいことベースでは非鉄金属メーカー。 スタートアップ転職のチャンスはやっと巡ってきた。

どこもいいところがあってどうしようかと。

博士論文発表の時よりも、プロジェクトリーダーで大修羅場迎えた時よりも、眠れなかったのはこの時です。

転職活動していることを当時の職場では(当然)誰にも喋ってませんでしたので、相談相手は妻でした。 育児で忙しいところに難しい相談をしてしまって申し訳ない。

シンプルに、大企業で一通り経験した自分が何をしたいのか、頭で考えると当時はスタートアップでした。 大企業の文化というものに辟易していたのでもう一度あれを繰り返すのは嫌だなあと思ったのです。 でも、いざ自分がそのスタートアップに入社した後のことを考えるとなんだかしっくり来ない。 社長面接も迫っているのになんだかモチベーションも上がらない。 なんでだろうと考えていました。 とここまで来てやっと気づきました。

「俺、今の会社で何もしていない」 ということに。

やり残しを解消しないと先に進めない気がした

さて、どういうことでしょうか。

自分の経歴を振り返ると、確かに色々やってる気になります。
色んなプロジェクト経験して、自分でリーダーもやって、博士も取って論文も書いてMoTも取りました。 あるところでは大きな表彰もして頂きました。 社内外友人もそれなりにできて、いろんなところから声がかかることもありました。 それは間違いなく充実した日々で満足した毎日を過ごしていた、はずでした。

ただ一つ。

事業化出来ていないことを除けば。

当時の会社に入社当時こんなことを思っていました。
新規事業に積極的なこの企業であれば、会社の中にいろんな技術があって色んな凄い人がいて周り巻き込んで色んなこと経験したら世界で初めての誰も見たことがない製品を作れるんじゃないか。
新しい事業を自分の手で作れば、会社の人も工場の人もお客さんもそして自分の家族もみんなが喜んでくれる製品が作れて、定年した後もこれはおれが作ったんだぞとか言って死んでいければいいんじゃないか。
なんて純粋でしょうね・・・(遠い目)
でも当時の自分を笑うことはできません。

だって、その時の目標を何一つ叶えていないのですから。

沢山プロジェクトを経験した  → 特定の製品を成功させていないことの表れ
プロジェクトリーダーもやった → 事業化出来ていない、挫折しただけだろ
博士とった、論文書いた    → だから何、一円にもならない
MOTとった            → 事業作ってから威張れ

こんな状態で大企業から次のステップには進めません。

とはいえ、当時の会社では自分の専門性があまりにも活かせないことも明らかでしたので、転職せずに残る、という選択はありませんでした。

大企業にせよ、経営企画にジャンプするのも違います。だって、企画になると会社全体を見ることになり特定の製品からは離れます。

だから、専門性がマッチした今の大企業を選びました。
 幸い職種も量産開発です。開発さえ上手くいけば1-2年で工場に量産ライン立ち上げるところまで行けますし、面接で聞く限りは会社の注力領域とも合っていそうで、事業化に向けて開発費に困ることもなさそうでした。
これが今の会社を選んだ理由です。

※ちなみに、くだんのスタートアップは一応受けましたが、落ちました。反省するに上記迷いが面接時に前面に出ていたのが原因だと思っています・・・無駄なお時間とらせてしまい申し訳ない気持ちです・・・

※※ちなみにちなみに結果的に一番お給金良いところに行きました。これ勿論ポジティブですがたぶんスタートアップでストックオプション貰ったほうが長い目では大きかったかもしれませんし、今現在全く生活レベル上げてません。先々何あるかわかりませんので。この辺は別の機会に。

まとめ

さて、今回は5つの選択肢の中から素材系の大企業を選択した理由について書きました。

「博士の転職」シリーズも次で終了です。

次はいつものまとめ記事にするとともに入社して半年たって思うことも書いていく予定です。

乞うご期待!

以下テンプレですが、今回使った転職サイトのリンク貼っときます。

以下三つは博士さんの転職だったら比較的使用頻度高いと思いますしNekoaceも実際に使っていい感じだったので、登録まだの人はチャチャっと登録して勢いで情報収集始めちゃったらいいと思いますよ!

ビズリーチ:一つだけ始めるならやっぱりこれでいいと思います。使いやすいUIと圧倒的認知力。登録したとたんにアルゴリズム的にすごい数の求人が来ますので。スルーするもよし、試しで話してみるもよし。大体の相場観知るならやはりこれ。リクルートエージェントなりJACリクルートメントなりにここ派生でつながることも多いはず。プラットフォーマーとはこういうことか、と唸ることしきりです。

リクルートエージェント
JACリクルートメント

 

ちょっとだけPR!
転職活動始める前に、コンピテンシー(行動特性)診断で自分の強み認識しておくこと、年収診断で市場価値認識しておくこと、いずれも大変有意義です。
ミイダスにはどちらの診断も無料実施可能でとりあえず、それだけやってみると、転職活動の最初の一歩踏み出せるはず。まずはそこまでやってみて!
ミイダス登録プロモーション

 

Nekoace

タイトルとURLをコピーしました